fc2ブログ

前職を辞めた理由

NEC_4166.jpg
「なぜ前職を辞めたの?」「なぜ起業したの?」とよく聞かれます。

私が前職を卒業したのは32才の時でした。
30代前半の女性があれだけの責任と権限を与えられていることは、
今から20年前の当時、世間でもかなり珍しかったと思います。
組織に不満はなかったし、上司にもとても恵まれていました。

こういう場合の理由はひとつではないんですよね。
いくつかの理解があって、そこにきっかけの「一滴」が垂らされたといいましょうか。
大きな理由は3つあります。
①当時、小学2年生生だった息子の子育てをもっとしたかった。
②10年大学院生をしていたツレが助手になった。
③もっと人事をやりたかったし、自分ができることの限界を知りたかった。

ここに前提条件が重なります。
・社会保険労務士の資格はもっていた。
・営業、広報、人事と経験してきて、経営の仕方は知っていた。
・大失敗して夜逃げする羽目にはなったけど、経営者であった父親の背中を知っていた。

さらに、誰にも止められなかった。笑
・ツレは、「うん、君は組織に収まる人じゃないものね。いつ言うかと思っていた」。
・前職の社長は「いいんじゃない!?世間からみたこの会社が分かった教えて!」。

とまあ、いろいろあるわけです。
全てはタイミングです。
スポンサーサイト



「あん」社名の由来。

あんこ会2
お客様に、「なんで“あん”という社名なのですか?」とよく聞かれます。

あほすぎる応えになりますが(関西ではあほは誉め言葉のひとつでもあります)、
私が三度の飯より「あんこ」が好きだからです。
あんこばかり食べているので、周囲から「あんちゃん」と呼ばれていました。
「好き」をそのまま社名に冠しただけです。笑。

コンサルだからといって、「なんちゃらグローバルコンサルティング」ってのも性にあわないし、
コンサルだからといって、「なんちゃら先生」とか呼ばれるのは一番苦手。
お客様にも「あんちゃん」と呼んでいただきたくて(フラットな関係、商いはフラットです)、
「あん」が好きなあんちゃんを貫いています。
実際、弊社のお客様は、私のことをみなさん、あんちゃんと呼んでくださいます。心地よい。

ま、社員にしたら「代表があんこ好きだからです」というのは、ちょっと…だよね。笑。
「“あ” から “ん” まで、なんでもご相談ください」と適当に言っておいて。とゆうてますが。笑